エネルギー効率性

シスウェーブは日々技術など昇進しています。

http://www.youtube.com/watch?v=a4dpMjJoahE
私はこのような会社のLSI開発にとても憧れを持っていて、日々LSIについて勉強しております。


エネルギー効率性について少し話したいと思います。


エタノール燃料は原料生産から燃焼出力までを含め、全体的にエネルギー効率性に優れています。

ある記事によると、「原料のトウモロコシを栽培しエタノール燃料を生産するために必要なエネルギー量の2倍以上のエネルギーを生み出すことができる」といわれ、とても世界的に注目を浴びる機会が非常に増えました。
エタノールの生産行程はエネルギー的に非常に効率よく。ガソリンのエネルギー生産性は85%に対し、エタノール燃料の場合は125%で、燃料を作るために必要なエネルギー量より大きなエネルギー量を発揮することができる為画期的だと言える。




LSI設計

シスウェーブは日々技術など昇進しています。


私はこのような会社のLSI開発にとても憧れを持っていて、日々LSIについて勉強しております。


LSI設計とは簡単にどういったものでしょう。LSIに設計というのはLSIにそのものの内部構造の設計、もしくはLSIを実装した基板の回路設計を指しているものと思われます。


回路設計は電子回路そのものの設計で用途に合わせて電子部品を接続し目的の回路を作るものと考えるのが普通ではないかと思います。


よく目にする電子回路の図面などは回路設計に分類されると思います。


こちらも参照してください



バーコード

シスウェーブは日々技術など昇進しています。


私はこのような会社のLSI開発にとても憧れを持っていて、日々LSIについて勉強しております。


今回はバーコードについて簡単に話したいと思います。


JANコード(商品バーコード)は、流通するあらゆるモノに印刷され貼られています。


今ではJANコードの表示がなければ一般市場での流通は困難になりますし、手打ちでレジを打つ作業も一苦労です。
また、JANコードが印刷されていたとしても、小売店のPOSレジで読み取りが出来なければ、
製品自体の品質に何ら問題がなくても全て返品してしまい、今ではなくてはならない存在になりつつあります。






製造業の職業倫理を考える職業倫理研究所

日本の製造業は世界一と言われています。

その技術を担保しているのは、優れた技術者であり従業員なのです。彼らが一生懸命モノ作りに携わっているからこそ、メイドインジャパンの名声があるのです。しかし、最近は製造業にも職業倫理が欠如している従業員がいるようです。製造業の職業倫理は何かを職業倫理研究所では考えています。

製造業の現場は自動化されることが多くなり、ただ単に端末操作だけが仕事だと思われがちです。しかしいくら機械化が進んでも、モノ造りの最終的な判断は人間の目に行きつきます。

モノを作るのは機械であっても、操作をしたり判断をするのは人間なのです。この判断をしっかりすることが、職業倫理であり、メイドインジャパンの名声を守るのです。職業倫理研究所では、どうすれば名声を守れるかを考えます。

職業倫理研究所では、日本のモノ造りが永遠に世界ナンバーワンの地位を維持できるように、製造業の職業倫理を考え続けます。





人間が幸福になれる法則を教える倫理研究所

最近の日本は、企業の不祥事が多発しています。

これらは、日本人が持っていた倫理観が失われていることの表れです。日本人の美徳である他人を思いやる気持ちを失ってでも、利益を優先するという海外の精神を優先するあまり、日本の企業では有り得ない不祥事を起こすのです。こうした企業は、利益を上げることができても信用されることありません。人間も企業と同じことで、人の道から外れたことをしてしまうと、他人から信用されることはないのです。そんな悲しい人間にならないためにも、倫理研究所で学びましょう。倫理研究所では、幸福になれる法則を教えています。

教えを受けて法則を心がけて生活をすると、人に道から外れるようなことはありません。他人から信用されるようになり、魅力的な人間になることができます。

不祥事を起こした企業の経営者も倫理研究所で学べば、心を入れ替え健全経営できるはずです。そうすれば、失った信用も取り戻すことができます。